効率的な筋トレて痩せやすい身体づくりを!

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190103023921j:image

前回はジムについての記事を書きました。体験コースだけでも試してみてくれる方がいれば嬉しいです(๑°ㅁ°๑)

さて、今回はタイトルにもある様に、筋トレの常識について簡単に話したいと思います

 

誰もが人生で一度はやった事があるでしょう、筋トレ!←(定かではない笑)

皆さんはどの様な筋トレをした事があるでしょうか?

ダイエット目的の自宅での踏み台昇降?

学生の頃にさせられた熱い思い出の腕立て伏せ?

テレビを観ながらのら〜くらく腹筋?

いやいや、もっとハードな経験をしていらっしゃる方も多いのでは(*´ω`)?

もちろん、どの様な筋トレでもやった事に少なからず意味があるのです、それは否定しませんが今回私が聞きたいことは、それって…

 

『効率的な筋トレでしたか?』

 

筋トレの種類もご存知の通り様々です。

腕に効かせるダンベルを使ったアームカールや、腹筋に効かせるドラゴンフライ(これは自重トレですね)など、これらのウェイトトレーニングは基本的には、

 

①:自分の限界少し前の重量で3セットを目安に

②:効かせたい部位を意識して

③:正しいフォームで←(これが重要!)

この3点が非常に重要です( ˙³˙)

 

「え?回数はそんなに少なくて良いの?」

「部位を意識しても、しなくても効果は一緒じゃないの?」

 

なんて疑問が湧きませんか?

トレーニングよる重要度は重量>回数となっています。これは重量が重いほど筋肉を刺激する為です。そして部位を意識しないと狙った筋肉を効率的に刺激出来ません。

なので、これらを意識してないと無駄な時間と体力を使ってる可能性が高いです!

 

自分『よーし!今日も良い汗かいたなぁ!』

筋肉「まだ仕事してないよ〜!!」

 

なんて、せっかくトレーニングしてもあなたの身体の中ではこんな事に(゚д゚;) 

時間をかけてたくさんトレーニングやるより、短時間で結果が出るトレーニングの方が良いですよね?

回数をかけてトレーニングする意味も全くないわけでは無いのですが、ダイエットを目的とするなら筋肉量を増やして脂肪を燃焼させるカラダ作りを目指した方が良いでしょう。

皆さんもトレーニングする際は是非意識して、有意義な筋トレを心がけてみてください

 

 

ブログランキング参加してます。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村