日本人は睡眠不足?睡眠不足と日本男子の心理的な関係!?

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190108202146j:image

こんにちは、しじみです(  ˙༥˙  )

忙しい、忙しいと言われる現代社会。皆様は普段どれくらいの睡眠を取れてますか?

 

「働く時間が長くてほとんど取れてないよ!」

 

って方も多いのでは?

今回はそんな睡眠時間と日本人の面白い習慣についてお話ししたいと思います。

 

↓クリックでジャンプ

 

日本人はどれくらい寝てる?

そもそもどのくらい日本人は寝ているかというと、

日本人の平均睡眠時間は7時間24分。欧米は軒並み8時間前後を記録しているのに対し、7時間半以下を記録したのは、日本とシンガポールだけだった。

参考:日本人の社畜ぶりが話題に!外国人が驚愕する「居眠り」「接待飲み」 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

となっているそうです。

なるほど、このデータを見る限り日本人の睡眠時間は世界でワースト争いしてるんですね。

真面目な日本人の性格。学生のうちは勉学に励み、社会人になれば仕事にサービス残業の毎日で寝る時間もないと言う事でしょうか?

いえいえ、実はそうではありません。こちらでは面白い日本人の風習が関係していると分析しています。

 

 

いやいやながらも断れない日本人

こちらのサイトでは睡眠時間が短い代わりに、食事時間が長いとのデータがあるようです。

家庭での食事?やっぱり真面目じゃないか!。そう思いましたか?

いえいえ、『これは仕事終わりの一杯』の文化の為と分析されています。

私たち日本人は頼まれたり誘われたりするとなかなかノーと断りづらくありませんか?

この悪い言い方をすれば「優柔不断」な性格のせいで結果的に自宅に帰る時間が遅くなる→睡眠時間が十分に取らない結果になると分析されています。

また、男性が家事や育児にかける時間が短い事実があるとも言われています。日本の男性は家での時間より仕事での時間が心理的に『ラク』と感じているなどの意見も。

確かに、働けば働くほど「お金」という分かり易い結果につながる仕事と違って、育児・家事は魅力を感じにくいのかもしれません。

昔の日本のイメージでは、ちゃぶ台を囲んでの食事。威厳のある父親。働き者の母親。ですかね。

 

 

まとめ

睡眠不足を色んな視点から見ると日本男子の性格が見えてきます。

時代が変わったとはいえ、まだまだ男性心理には根強く『男は家事をするものでは無い』というイメージがあるのかもしれません。

しかし、夫婦共働きが当たり前になりつつあるこの時代。いつまでも昔の考え方では家庭円満には程遠い事を覚えておかなければいけません。

 

ではまた(ヾノ・∀・`)

 

↓ブログランキング参加してます。ぜひぜひクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村