生活に旨味を!しじみのブログ 

30代二児のパパが色々な情報を中心に書いている雑記ブログ。趣味日記も書いています( ˙༥˙ )

「空気を読む」事は日本人の美学である(๑°ㅁ°๑)

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190104071522j:image

こんにちは、しじみです(  ˙༥˙  )

 

日本人は他人の目や、評判を気にする。と聞くとネガティブなイメージを持たれるのではないでしょうか?

しかしながら、外国の方から見た日本の何気ない日常、当たり前は美しくすら見える様です。

私は日本人に「mature」を感じます。 また、日本ほど「civilized」な国は少ないとも思います。 賢明で分別があり、成熟していることを、英語では「mature」といいます。

「civilized」とは、「礼儀正しい、教養のある、洗練された、常識的な」という意味です。 私から見た日本は非常に「civilized」な国。日本人は状況や場に応じて、その場に適切なマナーや対応を即座に判断して、スマートに振る舞えます。

お祝いの席に招かれたときに、どんな服装がふさわしいかや、お祝いのプレゼントはどんなものが喜ばれるかなど、ほかの国の人たちより悩むのが日本人です。

参考:

【書評】『日本人がいつまでも誇りにしたい39のこと』 | ライフハッカー[日本版]

 

列があれば自然と一列に並んだり、スタジアムのゴミ拾いを率先してしたり等も記憶に新しいですね。

この様な「空気を読む」癖は平安時代からという説もあります。

俳句や詩で直接ではなく、相手に意を汲み取ってもらう習慣からと言われているからです。

 

教養に関しても良く行き届いていると思います。

なぜなら、Twitterなどで「店の冷蔵庫に入る」、「飲食店のテーブルに置かれている漬物にイタズラする」行為などはたちまちに非難されるからです。

 

『最近の若者はマナーが悪くなった』

 

本当にそうでしょうか?ネットでの一部の行動が目立っているだけで、身近な若い人は至って普通です。

当たり前の様に「空気を読む事が出来る」若い人達をもっと褒めるべきではと考えます。

 

では、次の記事で(ヾノ・∀・`)

 

ブログランキング参加してます。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村