家は新しく建てるか、中古が良いのか。。。o(゚^ ゚)?

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190107181856j:image

 

日本は少子化の影響もあって都心部以外の人口は減少傾向にあります。

それに伴い、「空き家問題」取り上げるニュースもチラホラ見る様になりました。

この様なご時世では、マイホームを購入する際に「新築」と「中古」のどちらが人気なんでしょうか?

 

   国土交通省の調べでは、日本で流通している中古住宅は2013年時点で全体の14.7%。平成が始まった1989年には8.0%だったのを見れば、市場は徐々に拡大しているのは間違いない。だが、米国や英国では約9割、フランスでも約7割と欧米の主要国に比べればかなりの低水準だ。

   日本の場合、戦後から高度経済成長期にかけて住宅不足が深刻化し、数を造ることが最優先された。この結果、住宅の質は低下。地価が急騰する一方で、住宅は20年も建てば価値がなくなると評価され、「買うなら新築」という「新築志向」が生まれた。このため中古住宅はほぼ見向きもされないできたといえる。

   だが、中古住宅を使おうという動きはだんだん盛り上がりつつあり、「実際には2割を軽く超えているのではないか」(不動産関係者)との見方もある。その背景の一つは、中古住宅が放置され、空き家問題が深刻化していることから、政府が中古住宅活用の環境を整えようとしていることがある。宅建業法の改正などがその現れだ。

参考:

全文表示 | 日本人はなぜ「新築」大好きなのか 中古住宅「不人気」の背景 : J-CASTニュース

 

この様に日本人は中古住宅に関してはあまり良いイメージを持っていません。

確かに新築と比較した時、ピカピカの内装を見ると新築の方がよく見えますね。

しかし、実際の値段が倍近くかかってくるケースもありますし、注文住宅では一から自分で考えなければならないという自由度とのトレードオフです。

一方、中古住宅ならば土地と上物は決まってますし、考えなければいけないのはリフォームの内容くらいです。

また、耐用年数に関しても

 

  1. しっかり保全しながら使用していた
  2. 梁などの内部が痛んでいない

 

となれば長く住める可能性は高くなります。

さらに、中古住宅は最近の物件よりも少し古い物件の方が内部がしっかりしているケースもあります。なぜかというと…

 

バブル期の建物はお金がかかっているから!

 

これはマンションでも同様です。

鉄骨や木材が良いものを多く使っている事があるからです。

 

⚪︎まとめ

いかがでしょうか?

予算との兼ね合いももちろんあります。

しかし、マイホームを検討している方は中古住宅を検討外にせず、一度見てみるとイメージが変わるかも知れません。

 

では次の記事で(ヾノ・∀・`)

 

ブログランキング参加してます。ぜひぜひ応援よろしくお願いします(。-∀︎-) 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村