生活に旨味を!しじみのブログ 

30代二児のパパが色々な情報を中心に書いている雑記ブログ。趣味日記も書いています( ˙༥˙ )

若者のモノへの執着心の低下とミニマリズムの関係?

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190108203005j:image

近頃、良く耳にする様になったミニマリズム」。

物を減らす、捨てることによって日常の雑念を少なくする。と聞きましたがそれと関係してか、若者の物への執着心が低くなっている様です。

 

今の30代以下の世代は消費社会の成熟化やデフレの恩恵を受けて、お金を使わなくても、ひと昔前より質の高い消費生活を送れるようになっています。

例えば、ファッション。今の30代以下では中高生くらいの時期にファストファッションが普及しています。消費の楽しさを知る時期に、お金を使わなくても良いモノがある、お金を使わなくても流行を楽しめるという価値観が醸成されています。

参考:平成の消費を振り返る、若者がモノを買わなくなった時代 (MONEY PLUS | くらしの経済のメディア)

 

また、趣味に関しても昔より消費が少なくなっています。リフトで30分以上待っていたスキーブームなどはこの先もないでしょう。

それとは引き換えにスマホで出来る事が格段に広がりました。

サイフを持たなくても買い物ができますし、テレビはスマホで観られます。友達と合わなくても顔を見ながら会話だって可能です。

今後、スマホで出来るサービスはもっと広がると思います。

この様な時代の変化が起きているので自宅には、「サイフ」も「テレビ」も近い将来は「パソコン」も要らなくなるかもしれません。

 

しかし、そんな未来は果たして楽しいと感じるでしょうか?

若い時に好きな趣味にお金を使い、色んな旅行をして、無駄な物を買って、「あんな無駄な物も買ったなぁ」と思い返す様な人生の方が潤っている気もします。

確かに必要な物、経験だけしていれば人生での無駄な消費も労力もかからないでしょう。

ただ、今の若い人には無駄な経験も、下らない事も沢山して欲しい気持ちになるのは私だけでしょうか?

 

では次の記事で(ヾノ・∀・`)

 

ブログランキング参加してます。ぜひぜひ応援よろしくお願いします(。-∀︎-)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村