幸せになる為にはルーチンを守ろう((`・∀︎・´))

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190310042911j:image

朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、顔の手入れをする。たったそれだけの事が幸せに繋がっているとしたら?

 

こんにちは、しじみです(  ˙༥˙  )

あなたは日々の生活に満足していますか?。幸せ・充実感を感じていますか?

もちろん、人それぞれ幸せの形は違いますが幸せを感じている人に共通して守っている事があります。

 

それが『ルーチン』です。

 

 

 

 

ルーチンとは?

意味は『繰り返す、日課』と言った反復する動作を指します。

プログラミングや医療現場でも使われる言葉ですが、それは日常生活でも当てはまります。

 

例えば、

①朝起きたら背伸びをする

②仕事前のラジオ体操

③寝る前は子供に絵本を読む

これらを欠かさずにする事はルーチンと呼べます、自分にプラスになるので「正のルーチン」です。

 

反対に「負のルーチン」もあります。

①週末はパチンコ屋に通う

②仕事が終わったらコンビニでお菓子を買う

③寝る前にスマホをダラダラみてしまう

これらは自分にとってマイナスのルーチンです。

こういった何気ない日常生活の中で自分が続けている事を誰もが持っています、これがルーチンなのです。

 

 

正しいルーチンは自分を幸せにする

自分にプラスになるルーチンを続けている人は自分を強くする事が出来、幸せを感じる事が出来ます。

理由は簡単、自分の中のルールに沿って毎日を過ごすことが安心感に繋がるからです。

イチロー選手のバッターボックスでの仕草も一種のルーチンです。

そして、これは大人に限った事ではありません。子供の時からこのルーチンのルールはあるものなのです。

 

朝はフォークでご飯を食べる

帰る前に保育園の滑り台を一回滑る

お風呂は顔を先に洗う

 

子供たちもこれらのルーチンを守る事で彼ら・彼女ら自身の安心感を得ているのです。

ですのでこれらの決まりごとを私たち親が妨げてはいけません。子供たちには子供たちなりの理由があってやっていることなのですから。

親にとってはワガママに感じるかもしれませんが、それらのルーチンを終えるまでは暖かく見守る事が重要です。

かくいう私も長男の息子が守るルーチンがあります。うちでは保育園から帰宅する前に手すりを伝って帰る、という変わったルーチンです

 

まとめ

忙しい毎日の中で『正のルーチン』を続ける事は難しいと感じるかもしれません。

しかし、簡単な事から始めてしまえばそれが習慣化するのに時間はかからないでしょう。

私自身筋トレを18の頃から始めて、はや14年続いています。重要な事は自分にとって必要な事だとイメージすることです。それがスタートのきっかけになります。

あなた自身にも知らず知らずのうちにルーチンがあるはずです。

自分にとってメリットになるルーチンは意識して続け、デメリットにしかならないルーチンは見直してはいかがでしょう?

 

 

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました(ヾノ・∀・`)

 

↓ブログランキング参加してます。応援よろしくお願いいたします(。-∀︎-) 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村