誰でも楽勝!。動線に目的を置く事で物忘れは防げる!

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190330081954j:image

大事な要件を今すぐには片付けられない時、後からやろうと思っても忘れてしまう!。そんな「ついうっかり」をなくすには?

 

新しい事を始める時、何かをしなければいけない時、やろうやろうと思っていてもついつい慣れない事は特に忘れてしまいがちになってしまいますよね?

そんな自分を「意志が弱い」とか「ダメなやつ」なんて思っていませんか?

ハッキリ言ってそれは間違いです!。目的に対しての手段・やり方が間違えてるだけであって、意志が弱いか否かはその原因の一部でしかありません。

 

 

 

 

自分のいく先に目的を置く

例え話からしましょう。

あなたは新しく「ダイエット」をしようとしているとします。この時、毎日の生活の中に運動を取り入れるとしたらどの様な計画を立てますか?

もしあなたが仕事帰りや学校帰りに運動すると計画を立てただけなら、

 

「ほぼ100%失敗します」

 

仕事帰りだから、疲れているから、それらの理由もあるでしょう。しかし、それだけで失敗する訳ではありません。

家に着いた時点で気持ちはプライベートに切り替わります。この時点でダイエットという目的から遠ざかってしまうのです。

そこでオススメするのは「ジム通い」やそのまま着替えて「運動場で走る」などの目的の『挟み込み』です。こうすれば仕事→ダイエット→自宅でのプライベートと、1日での区分けが出来るために継続が可能なのです。

 

 

更に効果的にするには計画から!

それでも続けるか心配ですか?では、もう一つ手を打ちましょう!

計画をしっかり立ててサボらない様に自分を管理します。

ここで重要なのは自分が運動する前までの「プロセス」を固める事!

私の場合の対策を見てみましょう。まず、

 

  1. 目標とする体重、体脂肪率を決める(目的の明確化)
  2. 減量前の写真を撮り、変化をわかるようにする(モチベーションの維持)
  3. 曜日別、種目別で1週間のローテーションを組む(バランスの良い計画)
  4. どうしても出来ない時、都合・体調がつかない時、「予備日」を設定する(計画に余裕を持たせる)
  5. 仕事終わりのトレーニングは玄関先で着替えて行うルールを作る(1日の区分け)

 

この様に計画を実行する前に綿密な約束事を決めました。そして、この時のの玄関先で着替えるが今回の『動線に目的を置く』にもあたります。

家の中に入ってしまうとどうしても寛いでしまう空気になってしまいます、疲れてお腹が空いていては当然でしょう。

しかし、ご飯を食べた後にダイエットするでしょうか?。テレビをつけたりスマホを弄ったりして途中でやめれますか?

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190330083926j:image

答えは「NO」です!。大半の人は家での時間は休息の時間ですから。

なので、仕事・学校終わりのまだプライベートじゃない気持ちになっている間にダイエットする癖をねじ込むのが効率的と言えるんです。

 

それでも続かなそうな人はやっぱりジムに行こうね

会社終わりの人もいっぱい通ってるよ!

 

 

まとめ

過去の記事でも取り上げましたが生活の中に「ルーチン」が出来上がるまでが正念場です。

 

一度ルーチンが出来てしまえばダイエットを続けないと気持ち悪く感じるほどになります。

それでも、個人的にはやっぱりジム通いをお勧めします。日常生活の中で「プライベート」「仕事」「趣味」と分け易くなる事でより長続きできる事でしょう。

あなたも新しい事を始める目安にしてみてください。

 

 

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました(。-∀︎-) 

次回の記事は 「急増するスマホ飯!」を書いていきます。

記事が気にいったら読者登録もよろしくお願いします(ヾノ・∀・`)