実際にあった少し怖い体験談

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190503034738j:image

※怖い話&心霊体験が苦手な方はご遠慮ください(あんまり怖くないけどね!)

皆さんは『霊』って信じますか?

霊感って生まれ持っているものと聞いたことがあります。

私自身霊感能力がないと思っていたので信じていなかったのですが、予期せぬ事態に…。

そんな心霊体験をお話ししたいとも思います

 

↓クリックでジャンプ

 

始まりは大学時代

事の発端は大学時代

高校を卒業して大学に通い始めた私は初めての単位制に新鮮な気持ちを感じながら大学時代を過ごしていました。

しかし、初めのうちに単位をある程度取ると3年目辺りから楽になるんですよね

そもそも頭のいい大学でもなかったので勉学も気楽にしていました

そして20歳を迎えると『車』を持ちはじめる人が多くなります

 

「車があったら自由に遊べるなぁ…」

 

なんて考えていても生活がカツカツだった当時はとても買えるわけもありません。

…そう。私は。

 

 

友達の車で遊び回る、そして…

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190509053038j:image

当時遊んでいた友達の1人が車を買いました

といっても、ちゃんとした車ではなく古い軽自動車です

しかし、若い大学生が車を持つと生活が変わるんですよね

大学で授業を受け終わった後に車で特に理由もなく走る事が日課になりました。

普通の大学生なら買い物に出かけたり、イベントを観に行ったりしたでしょう

ですが私達の選んだ遊び方は

『心霊スポット』巡り

だったのです…

怖いもの好きな友達が有名な心霊スポットを探して、夜な夜な車で走り回ります

 

ある日、山奥のトンネルを訪れた日の事

やはり幽霊が出ると噂の廃トンネルを見に行きました。そこは元は電車が走っていたらしく線路になっています。

薄暗いトンネルに着いたはいいものの流石に中に入る気にはならず、手前まで来て引き返すことに

帰りの車の中で

「誰も幽霊は視えないんだなー」

なんてふざけあっていました

私もこの時点では私達は霊感が全くなくて、どんな場所にいっても関係ないと考えるように…

 

 

帰ってから異変が…

f:id:blk_blk_glamb_pengin156:20190509052939j:image

その日は夜がどっぷり暮れた、大分深夜を過ぎた頃に自宅のアパートに帰りました。

いつもの様にお風呂に入って、さぁ寝るか。なんて考えていた時。

「…パチン」

いきなり部屋から異音が。

テレビを点けていたのでその音かと思いましたが、

「パチン、、パチン!」

いや、部屋の中から音がする!

テレビを消して音のする方を確認してみるとちょうど部屋の真ん中あたりから聞こえる…。

トコトコ歩いていくと、天井から聞こえるのでジーっと私が見ていると、

「………。」

音が止まった!。これはラップ音だ!!

、、、、、きゃー!!

なんと、心霊スポット巡りをしていたせいで霊が家までついてきたようです!

家に霊がいると思うと死ぬほど怖い。でも他に寝るところはない。

仕方がないので電気を点けっぱなしにしながらその日は寝ました。目を開けたら幽霊が立っていそうで寝た気がしませんでしたが。

 

 

結局…

ラップ音がしたのはこの日だけで、次の日からは何も起きませんでした

しかし、電気を消して寝る気にはなれず就職して引っ越しをする3ヶ月間は明るくしたまま寝る羽目になりました。

あのアパートの一室はいわくつきの部屋になったのでしょうか?

その後は私にも分かりません。

皆様は面白半分に肝試しまがいの事はしないようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良ければ読者登録&ツイッターフォローもよろしくお願いします(。-∀︎-)